Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

測量機のトータルステーションとはどの様な機器?

トータルステーション(TS) とは、何をする測量機?

トータルステーションとは、目標点に光を発射して、反射して機械に戻った光を電子的に解析して距離を測る光波距離計と角度測定の電子セオドライトを組み合わせた測量機です。

1台の機械で、角度(鉛直角と水平角)と距離を同時に測定ができます。 望遠鏡の光軸(視準軸)と光波距離計の光軸が同軸になっていることと、測定データが外部機器に出力できるという点が特徴です。

測量分野や、建築・土木分野で、基準点測量、応用測量、座標測量、起工測量、杭打ち、定点測量、変位計測、位置管理等の測定に幅広く用いられています。

トータルステーションは、現在では様々なグレードの機種があります。

トータルステーションの種類と特徴

一般

トータルステーション ターゲット(プリズム)をレンズで視準して、ボタンを押すだけで角度と距離を同時に誰でも簡単に測定ができて、本体に表示されます。 ピンポールプリズムや一素子プリズムのターゲットを使用して、2人で測量を行います。

最近の機種は、座標測量や杭位置出しも本体のメモリー機能で行うことも可能です。 地形測量や一般土木、建築現場での位置管理、起工測量、杭打ち、通り出し、カネ振りなどに使用されます。

ノンプリズム 

文字通り、反射プリズム等のターゲットを必要としないトータルステーションです。 測定対象物にレーザー光を照射して、反射してきたレーザー光で距離を測定します。 機種や対象物により違いがありますが、ノンプリズムで500m以上の距離を測定可能です。

また、一般のトータルステーションと同様にプリズムでも測定が可能です。 人が近づけない場所等のプリズムが設置できない場所への測定もできるので、現場においての作業効率が上がります。 地形測量や一般土木、建築現場では、トータルステーションとしての使用はもちろん、法面、岩壁、構造物の変位計測や崩落事故防止の安全監視等にも使用されます。

 電子野帳搭載 

トータルステーション本体に、基準点測量から工事測量までマルチに活躍する電子野帳のプログラムが内蔵された機種。 主なプログラムは、観測(放射・対回)・杭打ち・後方交会・対辺測定・多角計算 面積計算・ST計算・交点計測等があります。 データは、USBメモリやCFカードに保存ができ、さらに測量ソフトへの転送ができます。 工事現場の出来高管理に用いる施工管理データとして使用できます。

自動追尾

トータルステーションがターゲット(プリズム)を自動的に視準して自動追尾機能を装備した機種になります。 通常トータルステーション使用時に必要な望遠鏡のピント合わせ・固定微動ねじの操作時間が全く不要で、 測量・土木現場作業では、必要なデータを入力していれば、自動で測点方向へ旋回してプリズム側の作業者へ前後・左右の移動指示を行うのみで作業効率が格段に上がります。

2人必要だった作業が1人で作業ができます。 現場における工事における構造物等の影響を監視する自動変位計測でも、こちらが多く使われています。

トータルステーションの販売や測量機の買取は、測量機器買取などでネット検索すると良いでしょう。